E-Jazz(いいジャズ)とは…

”E”は…
ENTERTAINMENTの”E”
演歌の”え”
イイね!の"イイ"より...


幼いころ… 気が付いたら家には毎日クラシックやジャズの音楽が流れていました. そのうちなんとなくジャズと日本の民謡や抒情歌や演歌は似ていると思うようになりました. 多分それは両方とも人々が生活の中で感じる喜びや悲しみを唄に乗せて表現したものだからかな…と.
◆その一方で「演歌は苦手」「ジャズは難しい…」という話を耳にすると, どちらも同じ音楽なのに残念だな…それぞれのいいところをうまく表現できないかな…などと漠然と考えるようになりました.

そんな時… 日本でも数少ないジャズアレンジャー設楽泰史氏と出逢いました. 先生はアメリカの名門バークリー音楽カレッジを卒業後, 作曲・編曲家, そしてギタリストとして活躍されていました. 私の歌に対する想いをお伝えしたところ, 先生も同じ考えをお持ちだとわかりました.
そして日本の曲をジャズに活かせたらとの願いから, 昭和歌謡曲や演歌を設楽氏がジャズアレンジ. そしてそれを私「惺蘭」が歌うというスタイルで, E-Jazz(いいじゃず)が誕生しました.

2016年… 3月を皮切りに5月, 7月, 8月とE-Jazzライブを長野県や兵庫県で行ったのち, 2度の脚の手術の為, 約半年間の闘病生活を経て2017年5月【神楽坂TheGLEE】のステージで単独ライブを行い, 現在は自分の足で立ち, 歌えることの喜びをかみしめながら心をこめてお届けしています.

E-JazzLiveを不定期に開催!

おなじみのスタンダードジャズに,これまで学んできたポップスや演歌のエッセンスを少々加えた「E-Jazz」の世界をお楽しみください!

それと、もうひとつの惺蘭

「Petit Recita 『プチリサイタル』」ではジャズを抜きにして,司会もこなす惺蘭の楽しいトークと共に,懐かしい歌謡曲・演歌をギター演奏で皆様と一緒に楽しむイベントです. ぜひ一度お運びください

お問い合わせは
電話090-9353-3350(設楽)
FAX048-234-6943
詳しい内容はお問合せフォーム
ご利用ください。